• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2020年12月23日

呼吸器内科

研究・業績一覧 2006年度

 

重症肺炎におけるステロイドの使用について

Author 高柳 昇
Journal 呼吸器科Vol 9 Jan 2006,p48-51.
 

マイコプラズマ肺炎の重症例

Author 高柳 昇
Journal 治療学VOL40,No 2, p105-107, 2006
 

Multiple tracheobronchial mucosal lesions in two cases of Churg-Straus syndrome

Author H. Matushima, N Takayanagi, K Kurashima, D Tokunaga, M Ubukata, Y Kawabata, Y Sugita.
Journal Respirology 11; 109-112, 2006.
 

マイコプラズマ肺炎90例の重症度・治療・予後

Author 宮原庸介、高柳昇、窪田素子、原健一郎、斉藤大雄、徳永大道、倉島一喜、生方幹夫、柳沢勉、杉田裕
Journal 日本呼吸器学会雑誌、第44巻第9号607-612,2006.
 

インフルエンザ肺炎84例の臨床像

Author 高柳昇、原健一郎、徳永大道、加藤貴子、金澤實、斉藤大雄、生方幹夫、倉島一喜、柳沢勉、杉田裕
Journal 日本呼吸器学会雑誌、第44巻第10号681-688,2006.
 

レジオネラ肺炎が診断契機となったHTLV-1関連肺疾患の一例

Author 高久洋太郎、高柳 昇、徳永大道、倉島一善、杉田 裕、河端美則
Journal 日本呼吸器学会雑誌、第44巻第11号、2006
 

市中肺炎の現況と治療

Author 高柳 昇
Journal MEDICAMENT NEWS 第1893号、2006年12月25日p4-9
 

市中肺炎入院症例の年齢別・重症度別原因微生物と予後

Author 高柳昇、原健一郎、徳永大道、加藤貴子、金澤實、斉藤大雄、生方幹夫、倉島一喜、柳沢勉、杉田裕
Journal 日本呼吸器学会雑誌、第44巻第12号906-915,2006.

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

地方独立行政法人埼玉県立病院機構 埼玉県立循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?