• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

循環器・呼吸器病センター > 診療科及び各部門の紹介 > 看護部 > 専門看護師・認定看護師のご紹介

ここから本文です。

 

掲載日:2021年2月18日

専門看護師・認定看護師のご紹介

認定看護師とは、高度・専門化が進む医療の現場において、水準の高い看護を実践できると認められた看護師です。「認定看護分野」ごとに日本看護協会が認定しています。

循環器・呼吸器病センターでは、9分野、15名の認定看護師がいます。「希望」「誠実」「愛情」「幸運」という言葉を四葉のクローバーの葉にたとえ、その意味を胸に抱きながら、患者さんに寄り添った活動をしています。

また、埼玉県北部の基幹病院の役割として、地域施設との連携を大切に県民の皆さまの必要としている医療が届くよう情報発信もしています。

認定看護師集合写真

各分野のご紹介

 

感染管理認定看護師 患者さん、ご家族、職員を感染症から守る使命のもと、多職種で構成する感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)で活動しています。病院内や地域での感染症発生状況の調査と監視、感染症発生時の迅速な対応を可能にするためのシステム作り、全職員への感染予防のための教育、指導等を行っています。また、地域連携施設と情報交換やカンファレンスを実施することで、地域の感染予防対策に取り組んでいます。  
皮膚排泄ケア認定看護師 床ずれや傷のケア、人工肛門をお持ちの患者さんのお手伝いや失禁に伴うご相談に対応します。患者さんやそのご家族へのご提案や支援を行います。 皮膚排泄ケア認定看護(認定看護師)
緩和ケア認定看護師 痛みや苦しさをやわらげるケアをします。患者さんとそのご家族が自分らしく過ごせるような支援を行います。 緩和ケア認定看護(認定看護師)
がん化学療法看護認定看護師 がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理の知識をもって、患者さんの療養支援や副作用症状の緩和とセルフケア支援を行います。  
集中ケア認定看護師 手術後や集中治療を受けている患者さんの重篤化を回避し、早期回復のお手伝いをしています。また、集中ケア領域における、安全で安楽な看護ケアの提供を患者さんとそのご家族に提供できるよう支援を行います。 集中ケア認定看護(認定看護師)
慢性心不全看護認定看護師 心不全は、くり返す病態です。そのため、患者さんやご家族に心不全ついての病態や増悪因子について説明・指導をしています。生活においても、注意すべき点を一緒に考え患者さんができる心不全の予防対策を提案します。医師、看護師を始め理学療法士、栄養士、薬剤師とともにそれぞれの分野で、介入できるような支援を行います。 慢性心不全看護認定看護(認定看護師)
摂食・嚥下障害看護認定看護師 摂食嚥下(食べること・飲み込むこと)障害のある患者さんに対し、食事の評価、食べ方の指導、ご家族への対応、看護師への食事介助の指導を行っています。また、摂食嚥下が重度の患者さんには、医師・コメディカルと連携し専門的な検査を行い、少しでも口から食べられるように支援を行っています。また、口腔内の評価を入院時から退院時まで各病棟で看護師が行い、口腔内が清潔に保てるようケアの充実を図っています。 摂食・嚥下障害看護認定看護(認定看護師)
手術看護認定看護師 手術に伴う様々な合併症の予防に努め患者さんの安全を守ります。また、手術前から手術後にわたって継続した支援を行います。手術を受けることは人生の大きなイベントです。手術看護認定看護師は、手術を受ける患者さんご家族の思いを受け止め、安全に手術が受けられるように支援を行います。  
糖尿病看護認定看護師 血糖値の変動を観察し、糖尿病管理のための支援をしています。糖尿病の進行により、身体にさまざまな合併症を引き起こしてしまう可能性があるため、患者さんやご家族などを含めて、どのような生活習慣の改善が必要であるかを一緒に考えます。また、下肢の血流不足等により足のトラブルも起こしやすくなるため、フットケアや療養のための支援を行います。 糖尿病看護認定看護(認定看護師)

専門看護師・認定看護師通信(クローバー通信)

クローバー通信とは当センター専門・認定看護師による医療コラムです。

 

お問い合わせ

地方独立行政法人埼玉県立病院機構 埼玉県立循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?