• トップページ
  • 診療のご案内
  • センターのご紹介
  • 当施設について
  • 診療関連部門診療科のご案内
  • 採用案内

埼玉県立がんセンター > センターのご案内 > センターからのお知らせ > がんセンターにおける結核の診断漏れについて

ここから本文です。

 

掲載日:2020年12月22日

がんセンターにおける結核の診断漏れについて

がんセンターにおいて結核の診断漏れが発生しました。

患者さんご家族をはじめ、皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

二度とこのようなことが起こらない体制をつくり、がんセンター職員一同力を合わせ、より良い医療、信頼していただける医療を目指してまいります。

 

埼玉県立がんセンター病院長 坂本裕彦

 1   患者

         60歳代  女性  県内在住

 2   経緯

  1. 平成30年4月中旬から同年8月初旬まで、がんセンターで多発性骨髄腫の診療を受けた患者が、結核を発症していたことが10月下旬に他院で判明した。
  2. がんセンター受診前から発熱や血痰の症状があり、がんセンターで撮影した4月中旬の胸部レントゲンには肺に陰影があったものの、結核の診断には至らなかった。
  3. 多発性骨髄腫の治療に視野が向かい、結果として、他の病気(結核)の可能性に気付くことができなかったものである。
  4. 現在、患者は結核の専門病院で治療中である。 

 3   がんセンターにおける感染患者との接触者

         現時点で把握している接触者は、職員63人、患者65人である。 

 4   今後の対応

  1. 再発防止策として、画像診断を行った場合、主治医が所見を確認し、それを記録するところまでが必要条件であることを、改めて全医師に徹底する。
  2. 複数の人間でチェックを行えるよう、主治医以外の者であっても画像の異常に気づいた者は、主治医もしくは放射線科医に連絡する。
  3. 画像診断結果を主治医が確認していない場合は、電子カルテにアラートが表示されるようシステムの見直しをする。
  4. 保健所との結核対策会議を踏まえて、保健所の指導のもと接触者の健康調査を実施する。

 


 

お問い合わせ

地方独立行政法人埼玉県立病院機構 埼玉県立がんセンター  

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室780番地 埼玉県立がんセンター

ファックス:048-722-1129

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。
がん相談については、地域連携・相談支援センターをご利用ください。
地域連携・相談支援センター連絡先
電話:048-722-1111
受付時間 平日9時00分~16時00分

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?