• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2022年7月5日

学会発表実績

2022年6月30日時点

学会発表実績

2022年

「薬剤師の疼痛アセスメントを契機に頸椎転移を発見し、治療に繋げることができた1症例」

杉田英章1)、三ツ橋千尋1)、仙波秀彦1)、塩澤亮太1)、栁田絢子1)松島佳子2)、下田純子2)、鍵山奈保3)三宮忠1)
1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター薬剤部
2)埼玉県立循環器・呼吸器病センター看護部
3)埼玉県立循環器・呼吸器病センター呼吸器内科
第15回日本緩和医療薬学会年会WEB2022年5月

2021年度

「ケモセーフからケモセーフロックへの変更前後の操作性比較に関するアンケート調査」

鈴木健太1)、原幸稔1)、松本大吾1)、三ツ橋千尋1)下田純子2)、永野奈美子2)三宮忠1)
1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター薬剤部2)埼玉県立循環器・呼吸器病センター看護部
第31回日本医療薬学会年会2021年10月

2020年度

「結核病棟における病棟薬剤師の常駐化及び病棟薬剤業務実施加算の導入について」

杉田英章1)、柳田絢子1)、山田惣一朗1)、仙波秀彦1)、幸田真由美2)、石黒卓3)三宮忠1)
1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター薬剤部2)埼玉県立循環器・呼吸器病センター看護部
3)埼玉県立循環器・呼吸器病センター呼吸器内科
日本病院薬剤師会関東ブロック第50回学術大会WEB2020年10月

2018年度

「ブプレノルフィンテープからオキシコドン徐放錠へオピオイドスイッチングを行った一症例」

杉田英章1)黒澤永2)三宮忠1)
1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター薬剤部
2)埼玉県立循環器・呼吸器病センター緩和ケア内科
第12回日本緩和医療薬学会年会2018年5月

2017年度

「埼玉吸入指導マイスター制度の導入ついて」

柳田絢子1)、杉田英章1)田島敬一3)、鈴木郁子4)、大竹真史5)、高久洋太郎2)、倉島一喜2)、青木康弘6)、上石修史7)三宮忠1)
1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター薬剤部2)埼玉県立循環器・呼吸器病センター呼吸器内科
3)熊谷市薬剤師会会営薬局江南店4)ひばり薬局日赤前店5)中央薬局日赤前店6)プラーナクリニック7)埼玉慈恵病院内科
第47回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会ベイシア文化ホール2017年8月

2016年度

「オキシコドン徐放錠とリバーロキサバンの相互作用が疑われた症例報告」

杉田英章1)太田池恵2)小島宏之1)
1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター薬剤部
2)埼玉県立循環器・呼吸器病センター呼吸器内科
第26回医療薬学会年会国立京都国際会館2016年9月

「副作用でオピオイド増量が困難だった患者にトラマドールを併用して疼痛コントロールの改善を図れた2例の症例報告」

杉田英章1)鍵山奈保2)、高柳昇2)小島宏之1)
1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター薬剤部
2)埼玉県立循環器・呼吸器病センター呼吸器内科
第46回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会幕張メッセ2016年8月

2014年度

「外来患者の吸入薬指導における薬薬連携~熊谷地区吸入療法連携会の取り組み~」

坂口翔一1)、杉田英章1)、山﨑美里1)、安西佑太1)田島敬一3)、木部祐介、高久洋太郎2)、倉島一喜2)小島宏之1)
1)埼玉県立循環器・呼吸器病センター薬剤部2)埼玉県立循環器・呼吸器病センター呼吸器内科
3)熊谷市薬剤師会会営薬局江南店4)ひばり薬局循環器・呼吸器病センター前店
日本病院薬剤師会関東ブロック第44回学術大会2014年8月

お問い合わせ

地方独立行政法人埼玉県立病院機構 埼玉県立循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?