• トップページ
  • 外来入院のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内
  • 医療関係者の皆様へ

小児医療センター > 外来入院のご案内 > 入院 > 入院前ワクチン接種のお願い

ここから本文です。

 

掲載日:2021年7月13日

入院前ワクチン接種のお願い

当センターでは、検査・手術のため入院されるお子さんに対して、入院前のワクチン接種をお願いしています。

入院中に感染症を発症すると、原則、検査・手術が延期になります。はしか、風疹、水ぼうそう、おたふくかぜなどはワクチンによって予防が可能な感染症です。検査・手術を予定通り受けられるように、主治医・かかりつけ医と相談してワクチン接種を進めてください。

特に、1歳以上のお子さんには水ぼうそうワクチンの2回接種をお願いしています。1回目と2回目の間隔は通常3か月を推奨していますが、入院日までに余裕がない場合は4週間経過すれば2回目接種は可能です。

入院する前にワクチンを接種しましょう(PDF:534KB)

対象

1歳以上の免疫正常なお子さん

予定入院前のワクチン接種期限について

生ワクチン、不活化ワクチン、コロナワクチンすべて入院2日前までを目安に、主治医に確認の上、ワクチン接種を進めてください。

手術を予定されているお子さん

肝移植を除くすべての手術において、生ワクチンは手術2週間前まで不活化ワクチンおよびコロナワクチンは手術2日前までに接種を進めてください。
それ以降にワクチンを接種した場合も手術が延期になることは原則ありませんが、手術の前や後に熱を出したときに、ワクチンの影響なのか、手術の影響なのかが分かりにくくなるため、上記の期間をお勧めしています。
手術の後はワクチン接種が遅れがちです。受けられるワクチンは可能な限り手術の前に済ませておきましょう。

※生ワクチンは、麻疹風疹(MR)ワクチン、水ぼうそうワクチン、おたふくかぜワクチン、BCGワクチン、ロタウイルスワクチンをさします。それ以外のワクチンは不活化ワクチンです。

手術を受けることが決まったら、主治医に確認の上、ワクチン接種を進めてください。

お問い合わせ

地方独立行政法人埼玉県立病院機構 埼玉県立小児医療センター  

郵便番号330-8777 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2

ファックス:048-601-2201

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?